HOME ブログ 歯科医
ブログ

歯科医

2021.04.20

新型コロナウイルスワクチンの接種を巡り、歯科医師に

よる注射を容認すると表明。

ワクチンなどの予防接種は医療行為にあたる。

歯科医師法では歯科医師の業務を「歯科医業」と規定し

口の中の麻酔は可能である一方、腕へのワクチン注射を

含まないと解釈されている。

厚労省では違法性を否定する解釈変更の通知を出せば

筋肉注射のコロナワクチンを接種できるとの声があがっている。

地域によっては接種者が足りないところもあるので

助かるのではないかと思う。

ただし事前研修が必要なことと集団接種会場に限定される。